【雑記】広告を剥がすに至る執筆のプレッシャー

ec_「Adsenseとプレッシャー」_1200x675

ブログを更新してないのに、アドセンスを貼りっぱなしにするのは良くないと思いました(直球

いくつか理由がありますが、主なきっかけは更新できていないこと。

完璧主義に毒されているが故に、「ちゃんとした文章にしよう」「調べに来た人が満足できる内容にしよう」とハードルばかり高くなり、書きたいことを完成させられなくなりました。

▼広告の話
広告を剥がしたから、Adsenseの話をしても怖くない。

以前から思っていたのは、「記事に溶け込む自動広告が邪魔だな」ということ。
サイドバーやメインカラムの上下くらいの配置ならともかく、運用していた当時は収益につなげたかったので利用してました。
配置も量もまさに自動で処理してくれるのですが、読んでる途中に紛れ込んでくるのは率直に邪魔だと思いました。

最近のブラウザは広告ブロック機能がデフォルトで付いていて、自分も使っています。
となると、当然の他の人も使っていて。
「じゃあどうせ収益にならないじゃん」というのも剥がした理由。

▼収益の話
2017年から広告を貼ってきましたが、毎日更新するような時間も技量も内容もなく、収益と呼べないような金額でした。
3年半ほど経って、ようやく受け取れる報酬のライン(¥8,000)を超えるレベル。
本当は¥8,000を超える前に剥がしたかったのですが、放置している間に超えてました。
平均だと一月に200円いかないくらいです。サーバ代にもならない。

Adsenseのアカウントを停止する手続きがしたかったのですが、報酬を受け取らないと手続きができないので広告コードを外して一時停止状態にしました。

▼個人情報の話
最近のビッグテックが嫌いで、報酬を受け取っていないのもそれが理由。
(まぁ住所は報酬が¥1,000を超えた時点で登録してしまってるんだけど)

口座の登録が嫌だったが、見てみると小切手でも受け取れるらしい。
それでも受け取らないのが今の心境。

▼執筆の話
ブロガーを名乗るほどのものでもないし、執筆と表現するのは堅すぎる気がするが。
冒頭に書いたように、「価値がある記事」を書かなきゃいけないと思ってる。
その方針は間違ってはいないだろうけど、更新が停滞する程度には重荷になっている。

ブログのテーマも改修したいし、やりたいことが実現せずに山積みになる一方。
広告を剥がして更新が再開できるようになるのか、先が見えない状況。