【#8 コラム】ググるのが難しい絵の悩み【どんな絵】

アイキャッチ:タブレットでGoogleを表示

Google的には価値の低い記事の濃さかもしれないが、それでも発信しないと伝わらないので書きました。

この記事だけで完結するには至らず、アップデートの余地が大幅にあるテーマだと思います。

「どんな絵を描けばいいか、わからない」

Google検索だと「何を描けばいいのかわからない」という悩みがヒットします。
この悩みは、「まったくの未経験ではなく描きたい衝動もあるが、それを向ける先がわからない」というもの。

私が抱えているのは、少しちがう。

描きたいものはあるんです。
そして、それは言語情報で、説明ができるもの。
「二次創作の【誰】」とか、「【何の】衣装で」とか。

わからないのは、それをキャンバス上で「どんな」絵にするのか。視覚的なもの。

わからないとは。

「わからない」という表現も曖昧なもの。
インプットが少なく、何もかもがよく見える状態だと思う。
数えられない選択肢の中から選ぶことが出来ない。決められない。

解法(仮)

全部描いて、気に入ったものを採用する

フルショット(全身)、ウェストショット、バストショット、アオリ、フカン、喜怒哀楽の表情……全部

……超原始的だ。
数学の経路問題を自力で数えるような手間のかかるものだ。
でも、迷って・決められなくて前に進めない方がもったいない。

すべての組み合わせを試すのは地獄だし、無謀だ。
Pixivのランキングや、好きな作品・イラストレーター・絵描きを参考にやってみようと思う。

「自分の【今の絵】が不満」

私は「絵が描ければ、それで満足」という価値観を持っていません。

最低でも「自分自身が納得できるクオリティ」であることを求めます。
裏返せば、今の自分の絵に不満があり、上手くなりたいと思っています。

(もっと簡単に言えば、「やるからには評価されたい」ってこと。)

Googleでは「不満」というワードよりも、「下手」を使ったほうが求めている情報に近いと感じました。
ヒットする悩みというのは、「自分の絵は下手で、嫌だ・どうにかしたい」というもの。

この悩みの解法そのものは、技術的には「ダメなところを改善する」、精神的には「下手なことを受け入れて、地道に伸ばす」といったものがある。

答えは出ているようなものなんだけど、私が気にしているのは、「上手い人もそうだったのか?」という疑問。

Before/AfterのBeforeが【今の絵】

上手い人が「n年前の作品と比べる」というBefore/Afterを公開することがたまにある。
もちろんそれは見ていて面白いし、参考になる。希望にも。

今の自分の絵は、そうした比較画像のBeforeに当たる。
そして、そんな自分の絵を不満に思っている。

上手い人はネガティブな感情にならなかったのだろうか?
比較画像からは読み取れない。
ただ、往々にして絵が上手い人というのは、絵を描くのが好きだ。
好きで描いて、描いて満足してる。
そして伸びる。

彼らは私のように、隣の芝を見て一喜一憂するようなタイプには思えない。
そこが、それこそが、絶対的な差のように感じてしまう。

結局、「他人と比較せずに楽しめる性格でなければ成長できない」のかと疑っている。
前述した精神的な解法が大事なんだろうけど、この点はググっても出てこない。